ぷにぷによいこさろん
[about this site]
webmaster:影鈴
影鈴[profile]
[コミュニティ]:
twitter/ twilog/ mixi(休止中)
cure/ pixiv
CHIVALRIES::chaos@RO/

キーワード検索等で来られた方は、
こちらをご利用下さい↓

 記事内検索
 

イベント情報(list)
コミックマーケット84 (2013.12.29-31)
コミックマーケット83サークルカット:サークルPYS
サークル申し込み中
幻想郷男の娘カレンダー2011

あきばおーこく様にて委託販売中
幻想郷男の娘カレンダー2011
[過去配布物一覧]

イラスト(list)
er_gme52_2|2009.04.16|東方project|十六夜咲夜|er_gme51|2009.02.25|東方project|EXルーミア| [作品一覧]


つれづれ[全記事リスト]
最近の10件
[オススメカテゴリ]:
ROアカハッククエ(list)
オタクの見たローマ(list)
CGメイキング(list)
ROGv戦記(list)

コンタクト
足跡帳

リンク
もんもんリンク

Tinami
Surfersparadise
株式会社オークス様
イタリア旅行情報なら:
アーモイタリア






2006年09月18日(Mon)  【イタリア旅行:9/5 ローマ市街】 ド薫る丘
気を取り直して遺跡めぐり。
パラティーノの丘

パラティーノの丘にはローマ帝国期の建物が廃墟となって残っているのです。
かつての建物の中に入れちゃったりするのですよ。
それにしても強い日差しです。
あちこちの遺跡の壁の影で、観光客が休憩してます。
芝生の上で遺跡によりかかり、日陰に腰を下ろすと、ふわっとさわやかな風。


パラティーノの丘
アウグストゥス帝の住まい跡かな?ここは大きな構造物が目立って楽しいです。
ただ、遺跡が説明もなしに、”ただ在る”ので、廃墟だけからそれが何であったかとか、
それにまつわるエピソードとかを導き出すのが難しいです><
専門書片手に来ると楽しそう。

丘の中には小さな博物館も。
ローマの、更に先史時代の石器や、ローマ時代の彫刻などが置かれてました。

パラティーノの丘の博物館
ギリシャ・ローマ彫刻を直に見るのはたぶん初めて。
見て分かったのは、良く、”写実的だ”って言われてますけど、
影鈴の感想としては、”思っていたよりも記号的だー”
例えば、あごひげとかは、米粒みたいな形の穴をちりばめることによって表現してたり。
服のシワのひとつひとつも、写実した、というよりは、
それらのシワひとつひとつに意味を持たせています。
胸のふくらみから流れたラインであるとか、足から流れるラインであるとか・・
・・・割と我々の大好きな絵やフィギュアに近い('◇'*)
そのせいか、とか言うと怒られそうですけど、彫刻の記号からメッセージが読めて楽しいです。
見えないはずのおへそをシワによって表現したり、
長い裾でも、片足だけは形が分かるようにシワが作られてたり、
胸を隠してても、乳首の形が分かるようになってたり、
胸放り出す時でも、隠しているようで隠せていない構図にしたり('◇'*)
・・・・って、これみんなやりますよね、絵描いてて心当たりありますよね?(笑
特に服の上からおへそが見えるのとか、絶対言い訳できません@@こういう記号的表現ですょね

あと、キャラクターも、神話のキャラとかだと、言われてみれば当然なのですけど、
記号で判別するようになっているのですね。
兜と盾もってればアテネだとか、、金棒もってれば誰だとか、、
んで、そういうお約束の中で、各作家のアレンジを見るのがまた楽しかったり。

博物館を出て、遺跡の中をしばらく散歩しながらコロッセオの方に戻りん。
折角チケットを手に入れたので、コロッセオの中にも入っておこうというわけです。
・・・でももぅ喉がカラカラ浴場なので、まずはお昼ご飯にすることに。

コロッセオの近くの、オッピオカフェとかいう、
パクマンさんが喜びそうな名前のとこでお食事。
”享楽的にコーラが飲みたいーΣG(≧▽≦”と思ってたのだけど、
メニューみたら、6ユーロ(900円)Σ( ̄□ ̄;
観光ガイドに載ってたお店だし、まぁそれほど無体なことはないかな?と
何かを期待して注文してみたけど、
そしたら、350ml缶のコーラが、邸△抜に置かれました@@;手強いです。
これがあってから、財布の紐はとにかく締めることに。
でも、ここで頼んだピザは美味しかったです。

ただ、振り返ってみれば、どのお店でも珈琲とワインは安く、水とジュースは高かったかも。

かなり歩いて疲れてきているものの、再び出撃ぅ。
=この記事へのコメント=
Name   Message   

2006年09月18日(Mon)  【イタリア旅行:9/5 ローマ市街】 だこΔ涼羶瓦妊法璽修魘ぶ
チケットを見せてパラティーノの丘の敷地へ。
”丘”なので、まずは階段をのぼるのですよー。
最初の階段の突き当たりには泉が。

これなんてキングスフィールド?
わはは、回復の泉に、セーブポイントの像。これなんてキングスフィールド?
開発スタッフはここに来てるんじゃないかなーとか思ったり。
ここから左右に階段が伸びてて、地上に出れたりするのですよ。

ニーソ?
ほら、やっぱり。階段の雰囲気とか、結構デジャブーな感じで面白いです。
・・・・って、ニーソ('◇'*)!?
秋葉でも新宿でもない、この悠久の丘でニーソとな?素敵すぎます。
いろんな国の方々が集まる中、やっぱりこんなの穿いてるのは日本人だけでした(笑

階段を登って上に出ると、なかなか素敵な見晴らし。

パラティーノの丘からフォロ・ロマーノを臨む
パラティーノの丘から市街を臨むー。いろんな年代のモノが混ざり合ってます。
一個だけ左に空気読めてない建物、ありますけど(笑、
これは後で行くヴィットリオエマヌエーレ二世記念堂。

いろんなエピソードがぎゅっと詰まった景色を見てたら、
ちょっと後ろにさっきのニーソのコがっ。
なにかいわくありげな石の上に座って、カップルだらけの観光客の中、1人で暇そうにしてます。
耳のおっきなピアスは影鈴的に頂けないのですが、結構かわいいかも・・(〃▽〃)b

あれ、こいう時は、イタリア男的には声をかけないと失礼なんでしたっけ?
When in rome, do as the Romans do.
とはいっても、行きずりで声をかけるなんてはしたない真似、影鈴の文化にはありません><
はて、どうしたものか。

と思ってたら、どこからともなく英国かどこかの老夫婦がやってきて、
そのコに写真を撮ってくれるよう、お願いしてます。
”あ、いいですよ〜”
日本語かい@@;
”は〜い、撮りまーす”
にっこり並んで立つ老夫婦。通じてるよー(笑
む、待てよ、コレダ!

ようかと一緒に並んで、写真をお願いすれば良いのですよ!
あとは日本人同士、会話も自然に始まろうというもの。
”写真ありがとうですー(⌒▽⌒)、日本の方ですよね?どちらから?”
”秋葉原から来ました('◇'*)”
”おや、奇遇ですね(⌒▽⌒)職場は秋葉のそばなのですよー”
”まぁ素敵('◇'*)”
”どうですか、お暇でしたら、一緒にフォロ・ロマーノを巡り、バチカンで神の栄光に触れ、
航空軍事博物館で
カプロニ重爆を見ましょう(⌒▽⌒)”
”まぁ素敵('◇'*)”


・・・・完璧なシナリオです!
我ながら、ひょっとすると素質があるのではないでしょうか('-'*

いざ作戦スタート!
”ねぇねぇようか、一緒に並んで写真撮って貰おうよー(⌒▽⌒)ノ”
”魂抜かれるからやだ( ̄▽ ̄)”
・・・・・
・・・・・・・・・えーっと、・・・
・・・・・ぅぁぁぁぁ、次の手が浮かばないっT▽T!
任務失敗=□○_
ヒトコトもかけられずにその場を後にしたのでした。

いや、まぁ影鈴的には、声をかけないのが当たり前で、
声をかけるのはケシカランことだとは思うのですが(笑
それでいいのだろうかと自省もする昨今。普通の人だとどうなんだろう?@@
=この記事へのコメント=
  • 0(2010/08/05 19:26)
    USA
  • vewtzrgaj(2010/10/28 23:17)
    USA
Name   Message   

2006年09月18日(Mon)  【イタリア旅行:9/5 ローマ市街】 パラティーノへ
コロッセオを後にしてすぐ隣のフォロ・ロマーノの廃墟へ。
これぞ遺跡!って感じの地帯が街の真ん中に普通にあるのです。
巨大な遺構、崩れた壁、倒れている柱。良い感じに素敵な世界。
この地帯をポリゴン化して、ゲームで探索できる様にしたら楽しいだろうなぁとか思ったり。
でもそれは”キングスフィールド”だと気づく(笑

フォロ・ロマーノにちょっと入るだけですっかり遺跡に囲まれます。
フォロ・ロマーノの壁
神殿の基礎となってそうな壁。レンガを斜めに積んでるから、壁がギザギザしてます。独特。
この組み方は、後で行ったティボリのヴィラ・アドリアーナに大量にありました。
手前側の壁は化粧ではなくて、古くなったので奥の壁を後に作り直したのでしょうか。

フォロ・ロマーノを抜けて、ベネツィア広場に抜けようというのが今日のコース。
でも、その前にちょろっと左におれると廃墟あふるるパラティーノの丘があるのです。
フォロ・ロマーノ

ここら辺で、あるコトに気づきました。
当たり前だけど、コンビニも自販機も全くないのです。
あるのは、ぼったくり露店だけ。
でも、日差しは全く容赦なく、もろに当たるとぐんぐん体力を吸われる感じ@@
日陰だと、ウソみたいに涼しいのですけどね。
広大な遺跡の敷地の中で飲み物補給なんて全く期待できなさそうです。
そいえば、駅でてからずっと、救急車の音が常に鳴っているような・・(笑
影鈴もようかも、飲み物の持ち合わせは全くなし、ぴんち。

パラティーノの丘への分岐の木陰に湧き水があって、
観光客はどうやらその水をペットボトルに入れてる気配。
い、いやでも生水だし、衛生とか考えると、がくぶる。

パラティーノの丘のふもとに、チケット販売所が。
フォロ・ロマーノは無料なのに、パラティーノの丘は有料、不思議。
・・と思ったら、このチケットはコロッセウムの入場チケットと共通でした。
パラティーノの丘はどちらかといえば閑散スポットなので、チケットは速攻買えます。
コロッセウムのチケットはパラティーノの丘で買え!
ということですね('-'*歴史好きに与えられた特権の気配です。

ついでに、チケットの販売員に、なにか飲み物はどこかで売ってないか聞いてみたら、
(カタコトの英語が話せる人でも、drinkとかwaterはなかなか通じませんでした。aquaと言わないとだめみたい。)
”ああ、それなら買うことはないよ、すぐそこに湧き水がある。あれは、良い水だ。”
ぅぅ、そこまでいうなら、、、ペットボトルの持ち合わせはないので、手ですくってごくごく。南無三。

すこしだけ潤って、いざやゆかん。
=この記事へのコメント=
Name   Message   

2006年09月17日(Sun)  【イタリア旅行:9/5 ローマ市街】 ▲灰蹈奪札からスタート
地下鉄の駅を出ると・・

コロッセオ
わぅ☆

コンスタンティヌス帝の凱旋門
どっちを向いても遺跡です。

コロッセオからフォロ・ロマーノを見る
どこまで行っても古代です。

日本でもテレビや書籍やwebでお馴染みの光景が、そのまま眼前に。
ローマは本当にあったんだーΣG(≧▽≦

コロッセオは豪メジャースポットなので、世界中からの観光客が。
まさに全ての道はローマに続いている感じです。
こんな場所、メイド服でも着て歩いたらさぞかし楽しいのだろうな(ぇ
うらやますぃ。

駅前の通りは交通量がとても多いのだけど、信号、ないのです。
無理矢理車を止めて渡るしかありません。
日本で聞いてはいたけど、交通は無秩序そのもの(笑

なんとか通りを渡ってコロッセオのそばに近づくと・・・
いましたいました、コロッセオ名物の、ならずもの剣闘士達!
にこやかに近づいてきて、一緒に写真を撮った後、法外な値段をふんだくるという手合いらしく、
どの観光ガイドでも、旅行ブログでも、相手にするなと紹介されている、一種名物(笑
そぅ、ここは思いやりだけで生きていける日本ではなく、生き馬の目を抜く外国なのですー。
注意してかからねば。
・・とか思ってたら、その剣闘士が1人やおら近づいてきて、
”シャシン、トルー?”
ををぅ、ジャパンマネーパワー@@;
それにしても格好がまんまライアン(ドラクエIV)。騎士じゃなくて剣闘士がモデルだったのですね。

日本語に敬意を表してお辞儀して断った後、さらにコロッセオに近づいて、光景を堪能。
延々とつらなる雄大な遺跡、遠景にちらほらまざるバシリカのドーム、、、満足ΣG(≧▽≦
そしていっぱい設置してあるぼったくり露店のワゴン、これまたぼったくりで有名な馬車・・
観光客を目当てに、いっぱい彷徨っている物乞い・・
そして、世界各国から集結したカップル・・ヽ(`□´*)ノ
そしてそこにまざっているダメ人間2人(笑
多様さというならここほど多様な場所はないでしょう@@

コロッセオの中に入れるということで、ゲートをくぐって中の通路へ。
ゲートでは、空港みたいな持ち物検査やっててびっくり。


コロッセオ通路
コロッセオ内部の外周通路。アーチ構造の組み合わせが素敵。

ところが、中入ったら、すごい行列。
観客席の方に入るためには、チケットが必要なのですが、
そのチケットを買うための列がすさまじい長さに@@;
その後は、自動改札ですいすい入っているのだけど・・

今日は、コロッセオはあくまでスタート地点で、
パラティーノの丘やフォロ・ロマーノなど巡る予定はいっぱい。
コロッセオだけに特に思い入れがあるわけではないし、並んで時間を使うのはもったいないと、
チケットの列には並ばず、先を急ぐことに。

次なる目的地はローマ発祥の地、廃墟立ち並ぶパラティーノの丘なりです(〃▽〃)
=この記事へのコメント=
Name   Message   

2006年09月06日(Wed)  【イタリア旅行:9/5 ローマ市街】 ,気―佝にゃ
二日目終了。今日も朦朧としたアタマで備忘録ですよー。
ずっと歩きづめ、疲れたぅ@@

今日はフォロ・ロマーノを中心にそこら辺一帯を歩いてローマの雰囲気を知る、がテーマ。
まずは、ホテルのあるポリクリニコから、地下鉄B線でコロッセオまで行くのです・・
と思いきや、地下鉄の券を買うための小銭がなーぃ。
ホテルで両替を頼んだらコインはないとのことで、
近所のバール(BAR)で崩せと場所を教えてくれました。
折角だから現地のカプチーノを飲むのだ('◇'*)

そこのBARは食券方式。
はじめ、注文の仕方もメニューもどうなってるのかどうしても分からなくて、うろうろ^^;
仕方なしに聞いてみて、やっと判明。異国ですー。
そいえば、ローマの中心から離れてるせいか、日本人を全く見かけないです。

カプチーノは・・・・濃いー@@;そして甘いー@@;
問答無用で砂糖が入ってます。
そしてめちゃめちゃ濃厚@@でもおいちぃ('◇'*)

小銭も手に入れていざ地下鉄へ、、と思ったら
券売機のところで、困ってる日本人カップルに遭遇。めずらすぃ。
何をどうやって買ったらいいか分からない様子。
”1ユーロのチケットを買えばOKで、まずボタンを押してからコインをいれるのにゃ”と
昨日知ったばかりの知識を、さも当たり前のことのように披露('◇'*)フフフ。できる人のフリにゃ。
・・と思ったら、迷わず”out of order”と書いてある券売機にコインを入れようとするカップル。大慌てで止める影鈴@@
それでフリー旅行とは・・・・・影鈴達も度胸あるなーと思ってたけど撤回。
だけど、恋人を作るというのはそれくらいの大胆さが必要ということかっ。
カップルでローマ・・・うらやましくなんかないんだからっ('◇'*)

地下鉄は相変わらず表面落書きで中も汚れ放題@@;
遺跡にたどり着く前に既に異世界。(笑
前日は夜だったので、乗ってる人もコワイ感じだったけど、
昼間は客層が変わるので、まだちょっとマイルドかな。

ふと、あからさまに日本人ぽい服もってくれば良かったと後悔してみたり。
えここやでじこのTシャツとかっΣG(≧▽≦おしゃれだと思うのですよ。

地下鉄のドアが閉まるときって、”ばちーーーん!”ってすごい勢いで閉まるですよ。
飛び込む人もいないけど、あれはたぶん挟まれると大変なことになりそう(笑
ホームドアまでつけてる日本とは大違いです@@;

そんなこんなで、あらっぽい運転でコロッセオの駅に到着。
階段を上ると・・
=この記事へのコメント=
  • まじかる♪(2006/09/06 16:06)
    うらやましうらやまし(。´ヘ`。) 写真とかはちゃんと撮ってるのかしら?
  • 影鈴(2006/09/07 10:27)
    ふにゃー、更新がおっつかなー@@; 写真はビデオ含めて結構撮ってるですよ(⌒▽⌒) 落ち着いたら貼っていく予定です☆
Name   Message   



一覧 / 検索